Fishing in 東北


ポンツーンボートとも呼ばれるH型フローターでのバスフィッシングを中心に様々な釣りを楽しむ仙台在住半年の40歳。地域の美味しいものも紹介。F.B.I(マニアックなフロータークラブ)メンバーです
by i_basser
リンク
カテゴリ
以前の記事

猛暑の岩手山

富士登山から1ヶ月、そろそろまたどこかへと思っているところへ
皆さんが岩手山へ行くというので一緒に行ってきました。

当日は朝の仕事が入っていて、PM2:00、みんなより2時間遅れのスタートとなりました
馬返し登山口から入山しましたが、気温は31度で立ってるだけで汗が吹き出る気候です
1合目を過ぎるあたりから斜度が上がってきます。
日暮れ前に8合目の避難小屋に入りたいので急ぎたいのですが、急登続きで思うように
ペースが上がりません
10分歩いて数分休むという効率の悪いペース配分で7合目に着く頃には薄暗くなってきました

8合目の避難小屋に到着したのはPM6:00。
頂上から見た避難小屋がこれ
c0056190_22583266.jpg

驚いたことに山小屋は満員状態で、我々が最後の泊まりであぶれた人が
9合目の無人小屋に行かされる始末。
先行隊が既に食事の準備をしていてくれて、すぐに夕食にありつけました
満点の星空の下でうまい酒を飲んで、いい気分で寝床に...
ぎゅうぎゅう詰めでよく眠れませんでしたが、翌日は早起きして頂上の日の出を目指します

40分ほどで頂上火口に到着。ツアー客は日の出方向の左回りですが、
登りの斜度がゆるい右回りをあえて選択、明るくなってくるとお鉢の向こう側の登山者越しの
朝日と雲海が美しい
c0056190_230317.jpg

そして、朝日が昇ると、すばらしい雲海が広がっているのが見渡せます
c0056190_2305582.jpg

そして山頂を経由して下山を開始します
さわやかな空気の中に、稜線が映えます
c0056190_2322721.jpg

そして、避難小屋で朝食を済ませて、くだりは2時間20分で下山。
苦しい登りでしたが、行って良かった山でした
[PR]
by i_basser | 2010-08-30 23:08 | その他
<< 秋の尾瀬へ 富士山登頂成功 >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧