Fishing in 東北


ポンツーンボートとも呼ばれるH型フローターでのバスフィッシングを中心に様々な釣りを楽しむ仙台在住半年の40歳。地域の美味しいものも紹介。F.B.I(マニアックなフロータークラブ)メンバーです
by i_basser
リンク
カテゴリ
以前の記事

雨の飯豊山

c0056190_13344321.jpg


6月25,26日で飯豊山に登ってきました
米沢経由で大日杉登山口にはいる頃には雨が本降りになり、レインウェアを着込んで登り始めました。
登山口には草刈りボランティアの人と山形県警がいます。遭難者か?
登り始めから結構な急登が続いて、300m行くとザンゲ坂という鎖場に出ます。
その後もかなりの急勾配で雨が登山道を川のように流れて行きます。3時間程で地蔵岳山頂に到着する頃にはかなり体力を消耗していました。ここから尾根沿いの道になると聞いていたので、ホッとしていたんですが、尾根沿いもアップダウンが続く道で全く楽はできません
ブナ中心の雑木林からダケカンバの林にかわり雪渓にたどり着きました。切合小屋に着くまでには3ヶ所の雪渓を抜けて行きますが、一般登山道の雪渓だと侮っていたら3ヶ所目の雪渓はかなりの勾配でアイゼンなしでは無理です。できることなら前爪付きのアイゼンが欲しい程です。
実はこの雪渓は高巻きできることが、後でわかったので下りはそちらのコースで行きました
切合小屋に着いたのは6時過ぎとかなり遅くなってしまいました。そこから夕食をとります。避難小屋はかなりの混雑で私たちの他に4組位は居たかと思います。中には救助待ちの人もいました
左足の痛みを感じながら翌日には治っているといいなと期待して寝たけれど、逆に悪化しており本山登頂を相当迷いました。ここまできて諦めるのは勿体無いと決心し5時に登頂開始
頂上までは2時間ちょっと。雪渓、御秘所の岩場を抜け本山小屋に荷物を降ろして、そこから10分程度で山頂です
下りは足の激痛に耐えながら8時間かけて下山しました
ずっと悪天候で景色は楽しめませんでしたが、晴れていれば相当雄大な景色が楽しめると思います

iPhoneから送信



c0056190_14274117.jpg


c0056190_14431712.jpg


c0056190_14432220.jpg

[PR]
by i_basser | 2011-06-28 13:34 | その他
<< 荒雄川 八郎潟 >>


その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧